シングルマザーにおすすめ!

シングルマザーでも大丈夫!

シングルマザーでも安心して借りることが出来るカードローンもいくつかあります。このサイトでは特に安心して借りることが出来るカードローンをご紹介しています。これから初めて借りる方、いますでに借入がある方にもと複数の会社をご紹介しているので参考になれば嬉しいです。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りる方法

シングルマザーはお金が借りられないのでしょうか?その答えは「いいえ」です。シングルマザーにも優しいお金の借り入れができるところはたくさんあります。それはどういったところでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

福祉資金貸付金制度を利用して借りる方法

都道府県が保証人と連帯保証人を1人ずつ用意できれば無利子、用意できなければ低金利で貸付してくれる制度です。

ただし、貸付限度額は都道府県によりますが、一般13万円以内、特定の方でも35万円以内程度となっています。償還期間も1年8ヶ月以内〜3年以内と決まっています。

そのほか出産育児一時金など、その機会限定の貸付もできます。ただし、審査があり償還が確実でないと貸し付けできないのでご注意くださいね。

母子福祉資金貸付制度を利用して借りる方法

20歳未満の子供を扶養している母親に資金を無利子または低利子で貸し付けできます。(20歳を過ぎている場合は女性福祉金貸付制度になります)ただし、連帯保証人も必要ですし、審査があり、償還期間も定められています。

事業開始資金は無利子で283万円、就職支度資金は無利子で10万円、生活資金は無利子(または年利3%以内)で10万3,000円と貸付してもらうことが可能です。ただし、受け取るまでに1ヶ月以上かかることもありますので、手続きは早くしないといけません。

応急小口資金を利用して借りる方法

低所得世帯の方が緊急時に借入できる制度です。ただし、こちらは医療費や火災時などの緊急の臨時金、年金や公的給付の支給開始までに生活費が必要なときなどの特別なときにしか利用できません。

貸付金額は県の福祉協議会によりますが、10万円以内を据置期間は2ヶ月以内となります。そのため、2ヶ月後からは支払いが開始され、返済期間は12ヶ月以内とあくまで「臨時・緊急」であることが限定されているので該当していない方は利用不可です。

銀行のキャッシングやクレジットカードを利用して借りる方法

母子家庭が金融機関で借入できるのが銀行キャッシングやクレジットカードです。カードの利用限度額の枠内であれば銀行や信販会社に借り入れができます。

クレジットカードの審査に母子家庭であるということは影響ありません。それよりも年収や勤務年数の方が影響あります。

ただし既に持っているクレジットカードや口座であれば手続きは簡単ですが、作っていない場合は手続きに時間を要します。さらに審査に時間がかかることも多いので、即日に絶対に借りることが出来るとは限りません。

消費者金融を利用して借りる方法

最終手段は消費者金融でしょう。こちらもクレジット同様、母子家庭であることよりも個人の勤務年数などの方が審査に影響が出ます。最近ではアルバイトであっても借入できる消費者金融もあります。

また、消費者金融であれば即日での借り入れも可能です。カード審査が通らない、またはとにかく迅速に借入したい!といった方は消費者金融での借り入れとなるでしょう。

母子家庭の方がお金を借りるのに多い理由

母子家庭でお金がなくて苦しいという方は非常に多いです。その理由は母子家庭の平均年収は300万円以下だと行っている調査もあるほどです。たとえ子供の保育料が無料になっていても、年収が低い、お金がかかる、働き場所がないという事実をどうにかすることはできません。

実際に多い声は以下のようなものです。

「子どもの教育費が足りない」
「生活苦で生活費がない」
「送り迎えがあるのでフルタイムや正社員で働けない」
「派遣がいつ途絶えてしまうかわからない」

などが理由にあがります。

生活保護の状態でも消費者金融でお金を借りることは可能なのか?

残念ながら、生活保護の方は消費者金融の利用ができないということが法律で決まっています。消費者金融での借り入れは収入とみなされ、生活保護の受給が制限されてしまったり、受け取れなくなってしまいます。

嘘の告知をして受け取ると、詐欺と見なされてしまいますので、絶対にやめましょう。利用できる都道府県の制度などを利用しましょう。

母子家庭の方がお金を借りる相談をするならどこがいい?

まずは地域の福祉窓口へ相談しましょう。母子家庭の方以外にも生活に困っている方が最初に相談できる無料の窓口です。

先程もお伝えしたとおり、生活福祉資金貸付制度など生活苦のシングルマザーに都道府県社会福祉協議会が貸し付けを行ってくれる制度もあります。

それでも解決しないようであれば、お手持ちのカード会社や銀行に相談しましょう。最近では年収や勤務年数で借り入れできるようになっているので、「シングルマザーだから貸さない」といったことは非常に少ないです。

カードローンが難しいようならば、金利は高くなりますがフリーローンなどもあります。利用できる可能性もありますので、相談してみましょう。

母子家庭の方の借入基準

カードローンであれば借り入れができるシングルマザーは多いはず。その借入しやすい方の基準は以下のとおりです。

1:年収200万円以上であること
2:雇用形態は正社員である(パート・アルバイトでも可能となっている会社もあり)
3:勤続年数は最低1年以上であること
4:他社からの借り入れがない(少ない)こと
5:信用情報に事故がない(滞納・債務整理・破産など)こと

この内容がクリアできているとカードローンの審査が通りやすいと言われています。

母子家庭におすすめのレディースキャッシングランキング

1位、プロミス

女性専用でレディースキャッシングがあります。電話窓口も女性オペレーターが対応してくれるのでとても安心ですよ。パート・アルバイトの方も安定した収入があれば利用可能です。

Webだけで完結できるので、借り入れに来店する必要はありません。提携しているATMも多いのでいつでもどこでも借入できるのは大変ありがたいですね。また、初回は30日間無利息サービスが利用可能です。初めての方も安心ですね。

>>プロミスの公式サイトはこちら

2位、レディースフタバ

女性専用のレディースキャッシングです。超有名な大手!ではありませんが、手堅い会社で安心して借入できます。

30日間無利息も可能ですし、パート・アルバイトの方も安定した収入があれば利用可能です。即日振り込みもできますので、大変おすすめです。

>>レディースフタバの公式サイトはこちら

3位、アコムの公式サイトはこちら

アコムにも働く女性のためのレディースローンがあります。HPで3秒診断も可能、業界最速の入金手続きなどでスピーディなのが人気の秘密です。こちらも女性スタッフが電話対応で安心できるシステムです。

利用限度額内であればショッピングの時は1回払いできるので、通常のカードと同じ利用方法ができるクレジット付きカードは人気ですよ。

このあたりがおすすめのカードローンです。レディースの窓口は電話が女性というのが安心できるポイントです。お電話での契約の際はぜひレディース窓口を利用しましょう。

>>アコムの公式サイトはこちら

母子家庭の方がお金を借りるうえでの注意点

母子家庭の場合、身寄りがなく保証人が立てられない方が多いので利子が高く審査も厳しい傾向があります。そのため保証人がいる方は、ぜひ保証人がいる方が利用することができる貸付制度を使いましょう。利率も低く済みますし、審査が通りやすいので早く受け取ることができるでしょう。

総括

シングルマザーであることが大きく借り入れに影響が出るといったことはあまりないということがよくわかりました。

しかし、シングルマザーであることが貧困の理由になってしまうのは事実です。そのため、普通のママさんたちよりも多くの優遇された制度もありますので、まずはそちらにあたってみましょう。

中でも保証人を立てることが出来る方は、審査もおりやすく無利子になるので、保証人を立てて利用できる制度からあたってみましょう。

ただし、制度や福祉事業の利用の場合はすぐにお金が手に入るということはありません。手続きや審査に時間がかかるため、現金が手元に届くには1ヶ月以上かかってしまいます。そのため、急を要するようであれば当たれるところは金融機関になります。

まずは銀行や信販会社のクレジットカードに当たりましょう。利率も低いので返済がしやすいかと思います。既に契約しているクレジットでキャッシング機能付きのものであれば、キャッシングも審査しだいで可能となります。

しかし、それでも審査が厳しい、今すぐお金が必要となった場合は消費者金融、カードローンとなります。パートやアルバイトであっても1年以上働いている方は基本的に借入しやすいので、シングルマザーだから借りることができないといったことがないので安心してくださいね。

最新のエントリー一覧

お金に困った時の食事
"ま、結論から先にいえば今でもお金に困っているんですけどね。 それでも今ではなん...

イメージが大きく変わった消費者金融
"昭和50年代から60年代頃の消費者金融のイメージは頗る悪かった。「高利貸し」、...